正論では革命をおこせない。革命をおこすものは僻論である

西郷隆盛の言葉

正論では革命をおこせない。革命をおこすものは僻論である

 

西郷隆盛
薩摩藩の盟友、大久保利通や長州藩の木戸孝允と並び、
「維新の三傑」と称される。維新の十傑の1人でもある。
(ウィキペディアより)

私は「非合理」という言葉を「合理」に合わないことの
意味として使っていますが、正に「僻論」のことだと思いました。

こんな言葉に出会うと、とても感動し、嬉しく思い、
歴史を知ること、偉人を知ることが楽しくなります。

 

私が西郷さんを詳しく知るようになったのは、
数年前の偉人を語る会です。
その会で、私が知らなかった西郷さんのエピソードを聴きました。
そんなに凄い懐の深い人だったんだと思い、
それから、自分でも西郷さんについて調べてみました。

私の尊敬する偉人のひとり、内村鑑三さんが、
もっとも尊敬している日本人に、
豊臣秀吉と西郷隆盛を挙げており、
西郷さんについては、下記の言葉を残しておられます。

「維新革命における西郷の役割を十分に記そうとすれば、
革命の全史を記すことになります。」

「ある意味で1868年の日本の維新革命は、
西郷の革命であったと称してよいと思われます。」

「西郷なくして革命が可能であったのかとなると疑問であります。」

これらを読んで、私の西郷さんへの理解が、
がらりと変わりました。

西郷さんの言葉には、とても力づけられましたので
イキテク語録としてシェアさせていただきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。